メーター電圧計追加・針不動対策
※この内容はあくまで私個人の作業結果です。
※もしあなたが同じことをして何か問題が起きたとしても、私は一切関知しません。
※少しでも不安がある場合はバイクショップにお願いして下さい。
※くれぐれも自己責任ということで。

>アドレスV125の一覧へ  >トップページへ

・2019/1/1

このV125はガソリンメータの針が動きません。
(以前にはスピードメーターの針が動かなくなって修理したそうです)

この針が動かなくなるのはV125の持病で、針と0位置のストッパが固着してしまうのが原因です。
ストッパをクリーニングしたり再塗装したりといろいろ対策はあるようですが、今回はストッパに熱収縮チューブをかぶせてみることにしました。
同じ長さに切った熱収縮チューブをかぶせてドライヤーで熱して収縮させます。
とりあえず触った感じでは大丈夫そうですが、様子見ですね。
メーターを分解するついでに、V100にも付けていた電圧計を追加します。
今回はAmazonで購入しました。
取り付ける位置はスピードメータの右下が良さそうです。
邪魔になるスピードメーターを取り外しました。
針の位置がずれないように、ゼロ位置に合わせてテープで固定してから取り外します。
固定しているネジは緩み止めが塗ってあってかなり固いです。
なめると見た目が悪くなるので慎重に緩めました。
取り付け位置に合わせてプラスチックカッターで四角く切り抜きます。
V100の時より進歩したのか、今回はぴったりです。
電圧計を接着剤で固定します。
配線は内部でタコメーターの端子に接続しました。
メーターケースの刻印で、O(オレンジ)が+、BW(黒/白)がGNDです。
動作チェックOKです。
ついでにメーター照明をLEDに交換しました。
写真を撮り忘れましたが、V100の時と同じく配線に逆流防止用の整流ダイオードを入れてあります。
やっぱりLEDにすると白くて綺麗ですね。

>アドレスV125の一覧へ  >トップページへ