【2代目バモス】
天井断熱

※この内容はあくまで私個人の作業結果です。
※もしあなたが同じことをして何か問題が起きたとしても、私は一切関知しません。
※少しでも不安がある場合はディーラー又は整備工場にお願いして下さい。
※くれぐれも自己責任ということで。

>バモス(2代目)の一覧へ >バモス(初代)の一覧へ >トップページへ

・2019/06/09

フロントガラスを断熱ガラスに交換してかなり効果があったので、さらにエアコンの効きをよくするために初代バモスでもした天井の断熱をしました。
前回は断熱材に100円ショップのマットを使いましたが、今回はちゃんとした車用の断熱マットを購入しました。
140cm x 100cm のもの を2つ購入しました。
1cmほどのスポンジの片面にアルミ箔が付いていて、反対側には粘着材が付いているのでそのまま貼り付けルことが出来ます。
天井の内装を外して準備します。
天井には補強材が付いているので、その間に貼るように長さを測りました。
測った長さで断熱材を切ります。
粘着材が付いているのでそのまま貼り付けるだけの簡単作業です。
途中で温度を測ってみました。(天気は薄曇り)
何も貼っていない天井の鉄板は約43℃になっていますが...
断熱材を貼ったところはほぼ気温と同じ15℃です。
天井全面に貼り付けました。
内装側にも断熱材のシンサレートを貼ります。
スプレー糊を使って貼り付けていきます。
 こんな感じです。
シンサレートが大量に余ったので、ピラーの隙間にも詰めておきました。
断熱材+シンサレートで厚みが増したので、純正のクリップでは天井が固定できなくなってしまいました。
長いネジで固定するタイプのクリップで固定しました。
クリップ色が黒なのでちょっと目立ちます。
作業完了です。
カンカン照りの日でも天井の内側はほんのり暖かい程度で済んでいます。
これでこの夏ものりきれそうです。

>バモス(2代目)の一覧へ >バモス(初代)の一覧へ >トップページへ